フォトハチログオークション > 家電 > BSアンテナの進化

BSアンテナの進化

BSアンテナの進化はテレビの進化とともにありますね。
とは言うものの最近のテレビ、4Kや8Kが迷走しているというか色々なチューナーが混在していてよくわからない状態に陥っています。

 

そこで我が家ではケーブルテレビに切り替えたので、今までベランダに付けていたBSアンテナを取り外し写真を撮ってみました。
TVチューナーとは関係のない話なんですが。
その他アンテナ関係のパーツ画像も掲載しています。

 

スポンサーリンク

 

48形BSアンテナ DSA-405

BSアンテナDSA-405表 BSアンテナDSA-405裏

 

BSアンテナを取り外して眺めて見ると反射鏡はまん丸ではなく楕円形なんですね。
じっくりBSアンテナを眺める機会もなくちょっと驚きです。
BSアンテナDSA-405反射鏡

 

  • 商品:SUPER DiSH SATELLITE ANTENNA
       48形BSアンテナ DSA-405
  • アンテナサイズ:反射鏡約54cm×49cm
       支持アーム(前への出っ張り)約40cm
       裏側金具(後への出っ張り)約9cm
       コンバータ直径約8.5cm長さ約16cm
  • 商品:BSアンテナ取付L型アーム
       型番シールが読み取れず不明
  • アームサイズ:直径約4cm 全長約53cm
       台座約14.5cm×13.5cm
  • メーカー:DXアンテナ株式会社
  • 注意:同軸ケーブル差込口にサビのような汚れがあります
       L型アームの蓋に割れがあります
       10年以上は使っていますので経年による汚れ、傷みがあります

 

BSアンテナ反射鏡周りのパーツ

反射鏡のパーツ画像です。
BSアンテナDSA-405シール BSアンテナDSA-405金具

 

BSアンテナコンデンサから支持アームの画像です。
BSアンテナDSA-405コンバータ BSアンテナDSA-405コンバータ2 BSアンテナDSA-405支持アーム

 

L型アームの画像です。
BSアンテナL型アーム BSアンテナL型アームキャップ

 

アンテナパーツ

マスプロ2分配器

お手軽にテレビを増やすには1つのアンテナ電波を分ければいいという発想で生まれたものがセパレーター(分波器)です。
その中でも1番ベーシックなものが同軸ケーブルを2分配するタイプのもの。
マスプロ2分配器DP2 マスプロ2分配器DP2裏面

 

  • 名称:FM VU BS2分配プラグDP2
  • メーカー:マスプロ
  • サイズ:約5.6cm×2.6cm×2cm(端子出っ張り部含まず)
       約20g

 

お手軽なサイズ感も良いですね。

 

DXアンテナUV分波器3C-15J

UV分波器は昭和の遺産?かなと思うぐらい記憶が薄れていってます。
アナログ電波時代、地上波のVHFとUHFを分けるためのパーツです。

 

テレビの裏側アンテナ端子のネジを緩めて並行フィーダー線を挟み込んでいましたよね。
DXアンテナUV分波器1

 

  • 名称:UV分波器3C-15J
  • メーカー:DXアンテナ
  • サイズ:約5.8cm×3.4cm×1.8cm(本体)
       約13cm×2本(並行フィーダー線)
       約150cm 約6mm(同軸ケーブル)

 

UV分波器の全体画像です。
DXアンテナUV分波器2 DXアンテナUV分波器3

 

同軸ケーブル

同軸ケーブルは現在も現役バリバリ、アンテナ線として頑張っています。
ただ最近はもっと細い線になりつつあるようです。
同軸ケーブル1

 

  • 名称:同軸ケーブルS-5C-FB
  • メーカー:NIKKAI.
  • サイズ:約450cm(長さ)
       約8mm(直径)
  • コネクタ:マスプロ75Ω(白色)
       JALCO75Ω(黒色)

 

NIKKAIといえば電線を作っているメーカーで、中でも海底ケーブルが有名。
その名も日本大洋海底電線です。
現在はOCCと変更されていますが、なんだか安心感があります。

 

両端につけているコネクターは一昔前といった昭和な感じで、すぽっと差し込むだけのタイプです。
現在はネジ式が主流となっています。
同軸ケーブルコネクタ白1 同軸ケーブルコネクタ白2

 

同軸ケーブルコネクタ黒1 同軸ケーブルコネクタ黒2

 

スポンサーリンク

 

記事はお役にたてましたか?

もし記事がお役に立てましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事

  1. 置き時計と言っても大丈夫か、壊れかけの時計たち

    プチクラシックな置き時計のご紹介です。動くといえば動いているけど壊れているといえば壊れている時計たち。

  2. 懐かしい留守番電話マイクロカセット式ハウディレポンス

    懐かしいマイクロカセットの留守番電話機ハウディレポンスIM-2300です。動画は音が出ますのでご注意ください。

  3. クリップライトの人気モデルってLEDですが

    クリップライトも色々。LED電球が人気ですがレフ球やクリプトン球も良いですよ。

  4. カラフルな自作電気スタンド

    電気スタンドも自作してみてはいかがですか。自由なデザインが楽しめて良いですよ。

  5. 東芝扇風機情報

    1894年から製造を続ける東芝扇風機のレトロなモデルの写真です。

  6. 三菱電機の扇風機情報

    日本の扇風機の創世記から製造を続ける三菱電機の扇風機の写真や動画を掲載しています。

  7. 風情のあるレトロな蛍光灯

    蛍光灯を使うならレトロな昭和時代の製品が趣があって良いです。

  8. スチームアイロンには塩を

    スチームアイロンに塩を入れて高温スチームでハンドクラフトをよりいっそう楽しみたい方におすすめの1台。

  9. ナショナル真空管テレビT-14C2は映りません

    ナショナル真空管テレビT-14C2です。古き良き時代?のレトロ家電です。

  10. スチームクリーナー(ブラシ) USA発

    アメリカサンビームコーポレーションのスチームブラシです。アメリカンなレトロ家電をお楽しみください。

トラックバックURL

https://photo8.biz/kaden/bs%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a.html/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です